あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2014年12月4日木曜日

ヒノキ?サワラ? 葉・実/ 花咲スポーツ公園 2014.11.6

常緑樹みたいで、まだ緑の葉っぱの木を見つけました。












可愛い実もついていたのですが、これはヒノキ?サワラ?
図鑑も見てみましたが、葉っぱだけではよく分かりません。












幹も見てみましたが、ヒノキもサワラも大きな違いはないようです。
うーん、何だろう?











どうやら見分け方は葉っぱの裏側にあるようです。
裏にある気孔線という白い線が、「Y」の形をしていたらヒノキ、
H」の形をしていたらサワラなんだそうです。
他にもアスナロという木も似ているそうですが、
こちらは白い部 分が多いとか!

裏はチェックしてこなかったので、この木の名前は来年までの宿題にしまーす。

0 件のコメント:

コメントを投稿