あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年3月9日月曜日

トドマツ 実/ 江丹別 2015.2.5

北海道でマツと言えば、トドマツが有名です。











クリスマスツリーのような形で、葉っぱがチクチク痛くないので、
見分けることはできるのですが、松ぼっくりを見たことがありませんでした。

エゾマツやエゾアカマツは松ぼっくりが下にぶら下がっていて、
トドマツは上向きについているんだよと言われるのですが、
背が高い木なので上の方にある松ぼっくりを見ることができないのです。












あれ?トドマツの下に何かがたくさん落ちています。











鳥みたいな形をしていますが、これはきっと松ぼっくりの一枚一枚ですね!
トドマツの松ぼっくりは、松ぼっくりの形のまま落ちるのではなく、
バラバラになって地面に落ち、軸の部分がマッチ棒のように残るそうです。

残念ながらマッチ棒の写真は撮れませんでした。
いつか、木についたままの松ぼっくりと、残ったマッチ棒の写真をお見せしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿