あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年4月20日月曜日

キササゲ 実/ 鷹栖 2015.4.15

「ササゲ」がついた木だから「キササゲ」という分かりやすいネーミングで覚えた木なのですが、
冬中ずっと、吹流しがついたままでした。











昨年、この吹流しを無理やりこじ開け、中の種を見たのですが、
あの種はもうどこかへ飛んでいったのでしょうか?
それとも、冬中ずっとさやの中に入っていたのでしょうか?

近所に生えているキササゲの木を見るたびに気になっていたのですが、
とうとう近くに寄って見てみました。












あ!割れ始めている?!











あの、カニのような綿毛のついた種が、さやから少しずつ出ていました。
風に乗って、どこか住み心地の良い場所を探して飛んでいくのでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿