あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年10月15日木曜日

タラノキ 葉っぱ/ 神楽岡公園 2015.7.24

変な木を見つけました。











えーっと、ウルシじゃないし、でも、放射状に葉っぱがついてて…、これはホントに木?
と思ったら、「タランボって言うのじゃない?」と教えてもらいました。

タランボは通称で、一応、タラノキが正式名称のようです。
タラノキって言うくらいだから、木なんでしょうね^^;。

タラノキと言えば、図鑑に一つだけ変な葉っぱが出ていたので覚えていました。
1枚の葉っぱが、この大きなセットなんだそうです。













で、よくてんぷらになっているあれ…、タラノメ。
このセットが芽の中に全部入っていて、育つ前がタラノ芽だったんですねー!
新発見でした^^;。

0 件のコメント:

コメントを投稿