あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2014年11月24日月曜日

フジ 幹・実/ 常磐公園・護国神社・花咲スポーツ公園 2014.11.6

この日は、なぜか、行く先々でくねくねした木を見つけました。
まずは常磐公園、











次は護国神社、











そして花咲スポーツ公園、










花咲スポーツ公園のくねくねの木だけには、お豆がぶら下がっていました!











この豆、思っていたよりずっと硬いんです。
そして表面はスウェード調^^。
開けてみたくて割れ目に爪を入れても、硬いものに打ち付けてもビクともしませんでした。
仕方なく家に持ち帰り、まな板の上で包丁を割れ目に当ててみると …、











パンッ!という弾ける感じで開きました。
中から丸いお豆が4つ。
こちらはまだ熟しきっていないのか、少し柔らかかったです。

このお豆はフジの実のようです。
北海道では自然に生えることのない木みたいですが、きれいな花で大好きです♪
春の楽しみが増えました。

0 件のコメント:

コメントを投稿