あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年2月9日月曜日

オススメ! 樹木図鑑

学校の植栽や公園の樹木、「この木のお名前は?」と、子供たちに突然聞かれ、答えられないことが多々あります。
そんな私の強い味方! 「北海道樹木図鑑」(写真左)
葉っぱ、タネ、冬芽など、パーツごとの写真があるので、子供たちが拾って来た葉っぱやタネを一枚ずつ写真に重ねながら探していきます。
596種類もの樹木を掲載しているので、たいていのものはここに載っています。









でも、596種類も覚えられないし、もっとコンパクトなのはないのだろうか・・・
と思っていたら、出ました!
「知りたい北海道の木100」(写真右)
木の分類や花や実の形、花の咲く時期や樹皮など、素人の私が読んでもよくわかる。
利用法や花ことば、別名や由来など、使える情報も多く掲載されています。
小学生でも読めるかな?
春になったら、この本を持って子供たちと公園へ出かけてみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿