あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2014年11月19日水曜日

セイヨウハコヤナギ 葉/ 花咲スポーツ公園 2014.11.6

ポプラって「セイヨウハコヤナギ」だけのことだと思っていたのですが、
「ヤマナラシ」も「ドロノキ」も合わせた総称になっているんですね!
でも、どちらかというと、外来種を「ポプラ」と呼ぶようですし、
高配や繁殖が簡単なので、どんどん品種改良されて種類が増えているそうです^^;。

そんな中でもこちらは一応、「セイヨウハコヤナギ」でポプラと一般的に言われているもの。











葉っぱがほら、スペード型です。











このポプラと呼ばれる木たちは、春に花が咲いた後、
綿毛 つきの種を大量につけて、風が吹くと道が真っ白になるそうです。
そんな木、そう言えば見たことがあるような…。
春を楽しみに待ちましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿