あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2014年11月30日日曜日

キササゲ 実/ 常磐公園 2014.11.6

とうとうキササゲも葉が落ちて、吹流しの実だけになりました。











「今日こそお豆の中身を見てやるぞ!」と息巻いてキササゲのところへ。
図鑑では、実の長さは30センチ、太さ4ミリと書かれています。
ずいぶん細い実なので、中に入っている種はきっとゴマみたいなのがズラッと並んでいる?
そうそうバニラビーンズみたいな感じをイメージしていました。
ところが…











ええっ?これは予想外!











細長いカニみたいで、足の部分は綿毛のようになっていて、フワフワ飛ぶタイプ?

まったくの想定外で、キササゲには一 本取られました^^;。

0 件のコメント:

コメントを投稿