あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年5月26日火曜日

シラカンバ、オヒョウニレ、シナノキ 新芽/ クリスタルパーク 2015.4.28

小さな葉っぱが出始めていて、とてもかわいいので、まとめてご紹介。

まずは、シラカンバ。
以前、花が咲いている(ブラブラしているタイプの花ですが…)のをご紹介しましたが、
小さな葉っぱは、芽の中にたたまれて入っていたのでしょうか?
プリーツがくっきりしています。











次はオヒョウニレ。葉っぱの先に角があるような形で、特徴的なのですが、
小さい葉っぱでも、ちゃんと角があるのですね。
オヒョウニレは葉っぱの前に花が咲くそうなのですが、見つけられませんでした。
もう散ってしまったのでしょうか?












最後はシナノキ。プロペラのついた実がなるのですが、どんな葉っぱでしたっけ?^^;
芽の中で何枚も重なって入っていたのでしょうか?
狭かったから、早く伸びたい!とばかりに出たがっているように感じました。












当たり前ですが、葉っぱが小さいうちも、大きくなっても形は一緒なんですね^^;。


0 件のコメント:

コメントを投稿