あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年5月30日土曜日

ツタウルシ 葉/北邦野草園 2015.5.7

昨年、ヤマウルシはご紹介しましたが、もっと強力なのがツタウルシだそうです。
側に近づいただけでもかぶれることがあると書かれていましたが、
そんなことは知らずに、写真を撮るために近寄ってしまいました…^^;。











見極めるポイントは、葉っぱが3枚セットになっており、葉脈が凹んでいてしわに見えるそうです。











春先は、葉っぱに光沢があり、色も赤が入り、とてもキレイです。

その後、緑色になるようですが、
秋になると、一番先に赤く紅葉するのがツタウルシやヤマウルシ。

このツタウルシは名前の通り、吸盤のようなものを出して、 何かについて 伸びていきます。
とにかく、要注意のツタウルシ。
3枚セットの葉っぱを見たら、「あれ?」と思って気をつけてください

0 件のコメント:

コメントを投稿