あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年7月3日金曜日

チョウセンヤマナラシ(エゾヤマナラシ) 樹皮・葉・花/ 神楽岡公園 2015.4.22&5.21

神楽岡公園の緑のセンターの前辺りにドロノキがあると、以前ご紹介しました。












図鑑によるとチョウセンヤマナラシは「白っぽくて平滑、しばしば緑色を帯び、菱形に裂ける皮目が点在する様子が独特」、
ドロノキは「若木のときはヤマナラシに似て緑色を帯びた白色だが、菱形の皮目はさほど目立たない」
と書かれています。
要するに、どっちも良く似ているようです…^^;。

ずっとドロノキだと思っていて、綿がついていたので、写真を撮ったら…、












あれ?葉っぱがドロノキじゃない!(笑)











葉っぱから何の木なのか調べたら、樹皮が良く似たチョウセンヤマナラシのようでした。
この時期、公園が綿だらけになります。
ドロノキの綿も、ヤマナラシの綿も、まぜこぜになっているんでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿