あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年9月6日日曜日

カツラ 葉っぱ/ 神楽岡公園 2015.6.11

ハート型の葉っぱとしてご紹介してきたカツラですが、
新しく出てきた葉っぱは赤い色みたいです^^;。












いろいろ調べてみると、
「開葉したての幼い1枚の葉も薄い紅色なので、木全体が紅色に見えるのです。」
という記述を見つけました。












さらに、「展葉しながら臙脂(えんじ)から鶯(うぐいす)、萌葱(もえぎ)と多彩な色の変化」をするそうです。

濃い赤→灰色がかった緑褐色→鮮やかな黄緑色と変わるということなのですが、
日本の色の呼び方で呼んでみると、なんとも良い色に変化すると感じるのは、私だけでしょうか?
昔の人は、自然の中にあるものから、色を名づけていたのですねー♪

0 件のコメント:

コメントを投稿