あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年9月6日日曜日

ホオノキ 花・実/ 神楽岡公園 2015.6.12

昨年は見ることのできなかった花ですが、
ホオノキの花は、直径15~20センチもあるそうです!

ホオノキ自体が背が高いので、なかなか花が見えません…^^;。
きっとあれが花ですね?











あまりよく見えないので、別の花を探してみました。











あれ?もう中に実ができているように見えますが…?
花の真ん中には、雄しべと雌しべがたくさん集まって円錐状のものがあるそうです。
うーん、上から見てみたい!!











こちらは花びらが散って、中の実だけになっていますね。











では、これは?

花びらが 枯れて、まだ散る前なのかな?

来年は梯子持参で公園に見に行きます!
この花、強い香りがするそうです。
こればっかりは自分で嗅いでみないとなんとも言えないですね

0 件のコメント:

コメントを投稿