あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年9月29日火曜日

今年の紅葉 2015.9.26

金曜日、幼稚園児と一緒に神楽岡公園で森遊びをしました。
サクラ、カツラの紅葉はほぼ終了。











ヤマモミジ、イタヤカエデはまだ緑










日当たりや体感温度(体感じゃなくて、樹感?)は同じなのに、紅葉も終わってほぼハダカになっている木と、まだ緑色のままの木と、個体差なのか樹種差なのか、マイペースな樹木たち(笑)

今年もどんぐりが豊作のようですね♪
拾い物をしたら、葉っぱとどんぐりがいっぱい集まりました。

















ホオノキの実も色づきました。大きな葉っぱも落ちていました。
下の写真はハウチワカエデ。少しずつ色づいてきています。真っ赤な葉っぱもステキですが、赤くなりかけのこれぐらいの葉っぱをしおりにしてもステキですよー プロペラも真っ赤に色づいていました。

葉っぱを観察して、葉っぱのコースターも作りました。


















ステキな作品ができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿