あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年5月1日金曜日

春の草花 花/神楽岡公園 2015.4.22

ヤナギの花が開き、枝ばかりの木が少しずつ黄緑色になってきたので、
慌てて神楽岡公園に行ってきました。
けれど、思っていたより、まだ木は冬芽のままでした。
そんな中でも、色鮮やかな草花が咲いていましたよ。











これは、「カタクリ」。
一つだけ木の根元に植わっていたので、誰かが植えたのかもしれませんね。











そして、「エゾエンゴサク」。
この二つは突硝山に行くとたくさん咲いています。
例年はGWが見頃らしいのですが、今年は暖かいので、早く見に行った方が良いかも?











こちらの白い花、名前を調 べたのですが分かりませんでした。
もしかすると野草ではないのかも知れませんが、可愛い花でした。
さーそろそろ出動準備をしなくてはなりませんね!

0 件のコメント:

コメントを投稿