あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年5月9日土曜日

イチイ 花/ 神楽岡公園 2015.4.22

神楽岡公園で、何か面白いものはないかと探していたのですが、
秋に葉が落ちてしまい、のっぺらぼうになった木ばかりに注目していました。
新芽が出ていたり、花が咲いていたり、新しいものが出てきているからです。

つまり、針葉樹、ずっと緑色をしている木にはあまり注目していなかったのですが、
ふと、イチイの木を見ると…、


 
 
 
 
 
 
 
 
 
何かが付いています!
こんなの秋にあったでしょうか?

 
 
 
 
 
 
 
 
 

もしかして、これも花なんではないでしょうか?

 











痒くなったらごめんなさいね。
小さな丸に小さな花がたくさん付いていて、まるで大仏の頭!
それが一つ一つ開花しているみたいです。

こちらも雌雄異株らしく、大仏の頭があるのはオスの木。
メスはもう少し小さな黄緑の丸がついているそうです。

いやー、針葉樹だからって、何も変わっていない訳じゃなかったんですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿