あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年5月30日土曜日

イタヤカエデ 花/ 神楽岡公園 2015.5.7

カエデの仲間がこんなにもかわいい花をつけるとは思いませんでした!











図鑑を調べると、雄花と両性花と2種類の写真が出ています。











気にはなっていたのですが、雄花って?雌花って?両性花って??
ですよね…^^;。
ちらっと調べると、
普通の花にはめしべとおしべの両方がついていますよね?それが両性花。
シラカンバみたいに、雄花と雌花と分かれているものもありますね。
それはそれで納得がいくのですが、
カエデの仲間は、雄花と両性花の2種類があるそうです。
それって、なんだか腑に落ちないのですが…??

0 件のコメント:

コメントを投稿