あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2015年6月24日水曜日

ナナカマド 花/市内末広あたり 2015.5.21

コブシ、サクラと開花すると、木の花が次々と開いていきます。
昨年は、何にも木のことが分からなかったので、
「この時期、森には何も見るものがないなぁ…」と思っていたのですが、
いえいえとんだ大違いでした^^;。

普通に考えれば、木の実がなっているのですから、その前に花が咲いているはず?!
でも、木の実ばかりに目が行って、その前に花があることに全然気づいていませんでした^^;。

そう言えば、このナナカマドは咲いていたような…、












満開です!
実は赤いですが、花は白くて、雪のようです。

 











旭川にはたくさん植わっているので、ありがたみがないのですが、
実は春の花の時期がとても美しい、ナナカマドでした。





0 件のコメント:

コメントを投稿